子供傷害保険は子供の病気・ケガを保障する保険

MENU

万が一の時も頼りになる保険

子供傷害保険は万が一の時も頼りになる

子供傷害保険は、満19歳に満たない子供を対象として、子供のケガ、病気時に保険金が支払われる子供用の障害保険です。

 

また、子供が他人をケガをさせた場合など保障する子供傷害保険もあります。

 

子供の医療保障の場合

 

子供の医療保障の場合、加入方法は2つあります。

 

  1.親の保険の家族特約として入る
  2.子供を被保険者として保険に入る

 

1については、今入っている医療保険の範囲を、親だけでなく、子供も対象にします。
子供が何人いても保険料は同じです。

 

2については、契約する子供の数だけ新規に生命保険・医療保険に入る必要があります。

 

子供定期保険と子供終身保険

 

一定期間の「子供定期保険」と、一生涯の保障である「子供終身保険」、このどちらか、もしくは両方加入することになります。  

 

判断基準は、定期医療保険は保険料が安めです。
一方、終身医療保険は保険料はやや高めです。
ただし就職後に新たに加入するよりは安くなります。

 

また加入する子供保険の種類では、子供医療保険と子供傷害保険が検討の対象になります。

 

子供医療保険とは、子供の病気も保障の対象になります。
ただし子供通院保障は入院のあとの通院のみです。

 

子供傷害保険は保障(補償)は、子供のケガのみ(特定感染症のぞく)になり、保険料は安めです。通院のみの場合でも保障(補償)はあります。

 


スポンサーリンク