ガン保険と医療保険の違い

MENU

ガンは、いまだに確立した治療法がない!

ガンは、いまだに確立した治療法がない!

ガンはいまだ完治に向けた治療法がないのです。
そして、薬も保険適用を受けていない、患者が高額な負担を強いられる薬が多いのです。

 

現在、ガンは、それほど負担のない形で3大療法等で治療を受けられるようですが、すぐ治る病気でないということです。

 

また、ガンは、3大療法を拒否、もしくは受けられない状況になった場合、あきらめて余命を全うするか、最後まで希望を捨てずに民間療法、代替療法を模索するかということになります。

 

ガンの治療法として、代替療法や各種サプリメントや食事療法などは、
健康保険の対象外の治療です。
大きな経済的負担を強いられますし、命を託す治療は決して安いものではないのです。
ひと月で数十万もかかる可能性があります。

 

医療保険とがん保険の違い

 

医療保険は、病気や災害(事故・ケガ)で治療を目的とした入院や手術等の保障してくれる保険で、ガンでも当然保障の対象となります。

 

一方、がん保険は、がんで治療をしたり、入院、手術等した場合に、保障してくれる保険であり、ガンのみ保障の対象になります。

 

保険に入る順番としては、まず保障範囲の広い医療保険を確保して、それでもガンが心配な場合は、がん保険を検討するとよいでしょう。

 

また、がん保険は加入から90日間は免責期間になり、この間にガンになっても保険金はもらえないので注意が必要です。

 


スポンサーリンク

ガン保険 記事一覧

ガン保険は、初めてがんと診断確定された時や初めて診断確定されたがんにより、入院を開始した時に、一時金として大きな額の給付金がもらえます。ガン保険診断給付金は給付金額の大きさからみても、がん保険の保障の中で一番重要な保障になります。ガン保険診断給付金の保障額診断給付金の額 ほとんどの商品は、がん保険入院給付金日額の20〜200倍の範囲で診断給付金額を設定しています。例えばガン保険入院給付金が日額1万...

がん入院給付金とは、がん(悪性新生物)で入院をした場合に、手続きをすることで保障される給付金です。そもそも、ガン保険自体が、良性ガンの場合や、治療を目的としていない検査入院等は基本的に対象外となっています。がんで入院すると自分で設定した1日あたり5,000円や10,000円などのガン保険の給付金がもらえます。仮に10,000円で設定していたとしたら、治療費が5,000円しか掛からなかったとしても、...

がん保険の手術給付金」とは、がん(悪性新生物)で手術をした場合に、手続きをすることで手術1回あたり20万円や40万円等を保障してくれる給付金です。ガン保険手術給付金は商品によって主契約となっていたり特約となっていたりしています。多くの場合、がん保険入院給付金日額の10・20・40倍に設定されています。例えば、ガン保険入院給付金日額が1万円の場合、がん手術給付金は、1回あたり10・20・40万円にな...