がん保険の入院保障は給付金の回数と日数に制限がない

MENU

ガン保険入院給付金の保障額

ガン保険入院給付金の保障額

がん入院給付金とは、がん(悪性新生物)で入院をした場合に、
手続きをすることで保障される給付金です。

 

そもそも、ガン保険自体が、良性ガンの場合や、
治療を目的としていない検査入院等は基本的に対象外となっています。

 

がんで入院すると自分で設定した1日あたり5,000円や10,000円などの
ガン保険の給付金がもらえます。

 

仮に10,000円で設定していたとしたら、治療費が5,000円しか掛からなかったとしても、ガン保険の給付金10,000円をもらう事ができます。

 

入院1日あたりの設定可能なガン保険の給付金額は、各社おおよそ5,000円〜30,000円の範囲となっていますが、複数の保険会社でガン保険に加入することは可能です。

 

2社であれば2社からそれぞれガン保険の給付金がもらえるので、1日あたり30,000円を越えることも可能です。

 

また、がん保険の入院給付金は入院1日目からもらえます。
医療保険と違って、がん保険の入院保障は給付金の回数と日数に制限がありません。

 

例えば、ガン保険入院給付金1日あたり10,000円の設定で365日間入院したとしたら365万円受取れます。

 


スポンサーリンク

関連ページ

がん保険診断給付金
病院でガンと診断されたとき、一時金として給付されるのがガン診断給付金です。がん保険の保障の中で一番重要な保障になります。
ガン保険手術給付金
がん保険の手術給付金」とは、がん(悪性新生物)で手術をした場合に、手続きをすることで手術1回あたり20万円や40万円等を保障してくれる給付金です。