がん保険診断給付金は基本的な保障の一つ

MENU

ガン保険診断給付金の保障額

ガン保険診断給付金の保障額

ガン保険は、初めてがんと診断確定された時や
初めて診断確定されたがんにより、入院を開始した時に、
一時金として大きな額の給付金がもらえます。

 

ガン保険診断給付金は給付金額の大きさからみても、
がん保険の保障の中で一番重要な保障になります。

 

ガン保険診断給付金の保障額

 

診断給付金の額 ほとんどの商品は、がん保険入院給付金日額の20〜200倍の範囲で
診断給付金額を設定しています。

 

例えばガン保険入院給付金が日額1万円なら診断給付金は20〜200万円になります。

 

上皮内がんについては、保障してくれる商品、しない商品がありますので、
ガン保険のパンフレット等を注意深く確認する必要があります。

 

ガン保険診断給付金の回数制限

 

ガン保険診断給付金には回数制限があります。

 

ガン保険保障期間中1度だけしか給付してくれない商品と、
複数回給付してくれる商品があるのです。
複数可能な場合は、2年以上経過して再発した場合などに給付金をもらう事が可能です。

 


スポンサーリンク

関連ページ

がん保険入院給付金
がん入院給付金とは、がん(悪性新生物)で入院をした場合に、手続きをすることで保障される給付金です。
ガン保険手術給付金
がん保険の手術給付金」とは、がん(悪性新生物)で手術をした場合に、手続きをすることで手術1回あたり20万円や40万円等を保障してくれる給付金です。