ガンで手術した時にもらえるのがガン保険手術給付金保障

MENU

ガン保険診断給付金も給付金の回数に制限がない

ガン保険診断給付金も給付金の回数に制限がない

がん保険の手術給付金」とは、がん(悪性新生物)で手術をした場合に、
手続きをすることで手術1回あたり20万円や40万円等を保障してくれる給付金です。

 

ガン保険手術給付金は商品によって主契約となっていたり特約となっていたりしています。

 

多くの場合、がん保険入院給付金日額の10・20・40倍に設定されています。

 

例えば、ガン保険入院給付金日額が1万円の場合、
がん手術給付金は、1回あたり10・20・40万円になります。

 

何のガンを手術をすると20倍になるかなどは、パンフレットなり、約款に細かく記載されていますので、必ず確認しましょう。

 

がん保険手術給付金をもらえる回数は、がん保険入院給付金と同様に制限がありません
何回でも手術をしたら給付金が受取れます。

 


スポンサーリンク

関連ページ

がん保険診断給付金
病院でガンと診断されたとき、一時金として給付されるのがガン診断給付金です。がん保険の保障の中で一番重要な保障になります。
がん保険入院給付金
がん入院給付金とは、がん(悪性新生物)で入院をした場合に、手続きをすることで保障される給付金です。