医療保険は保険会社によって特約でパッケージ化

MENU

医療保険加入は健康が大前提

医療保険加入は健康が大前提

30年後ともなると、どうなっているか見当がつかない時代です。
ケガや病気のリスク対策は医療保険が必要なのではないでしょうか。

 

病気やケガによる入院・手術で出費が発生した場合の補償をしてくれるのが医療保険です。
がん保険と預貯金などで十分に安心できるのであれば医療保険は必要ありません。

 

医療保険加入は健康が大前提です。
医療保険は健康でないと加入できませんから、当然健康な時に加入する必要があります。

 

医療保険は主に病気やケガで入院や手術をした時に給付金がもらえる保険ですが、
30年後も安心できる内容にしておくには、インフレの可能性も考慮に入れて入院給付金の日額を、少し多め(1万円以上)にしておくと良いです。

 

保険会社によって特約を付けパッケージ化

 

医療保険は、保険会社によって特約を付けパッケージ化し、名称(商品名)をつけて販売しているものも多いのです。

 

医療保険の死亡保険金額は小さめに設定されていたり、最近は全くついていない商品も登場しています。

 

医療保険に通院特約や成人病特約、三大疾病特約、がん特約、女性疾病入院特約、高度先進医療特約、介護特約など、つけられる特約の種類は各社さまざまです。

 

一方、通販で売っている医療保険だと、いくつかのプランから選択するようになっている場合が多いようにみえます。

 

中には医療保険に定期保険特約がつけられる会社もあります。
掛け捨てが嫌いな人は、積み立て型を選択しがちですが、
積み立てそのものにも経費が掛かっています。

 

必ずしも得になるのかは計算してみる必要があります。

 


スポンサーリンク

医療保険 記事一覧

医療保険の傷害入院特約医療保険の傷害入院特約は、保険期間中に不慮の事故等によりケガをした場合、その傷害を直接の原因とする入院、手術、通院又は療養に対し、保険金を支払うものです。ただし、この医療保険の傷害入院特約には、病気は含まれません。あくまでもケガの場合のみ補償されます。医療保険の疾病入院特約医療保険疾病入院特約は、その保険期間中に病気にかかったときに、その病気を直接の原因とする入院、手術、通院...

医療保険成人病特約とは、ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病などの5大成人病で入院した際に、給付金が受け取れるタイプの保険です。成人病という特質から、大学生が社会人になる際などに、医療保険成人病特約を利用されるケースが多いようです。通常は医療保険主契約でも成人病に対して補償されます。日額1万円の医療保険に日額1万円の成人病特約をつけている場合、「5大成人病」で入院すれば日額2万円支払われ...

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大成人病になったとき、被保険者が生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れるのが医療保険の三大疾病特約です。特定疾病保険金を受け取った時点で、医療保険の三大疾病特約は消滅します。この医療保険の三大疾病特約は死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。保険期間が一定期間の定期型と一生涯の終身型があります。三大成人病による医療保険の支払条件、三大成人病の認定条件等に...

医療保険での女性疾病入院特約は、女性特有の病気(子宮、乳房の病気や甲状腺の障害など)で入院したときに、入院給付金が受け取れます。医療保険女性疾病入院特約の中には、女性特有の病気で所定の手術をしたときに、手術給付金が受け取れるものもあります。ガンなど女性特有のガンに限らず対象となります。医療保険女性疾病入院特約は、正常分娩、美容整形上の手術、病気を直接の原因としない不妊手術などは、対象とはなりません...

医療保険の高度先進医療とは、最新の医学水準の診療や治療で、厚生労働大臣が承認した医療技術を言い、その医療は承認された特定の医療機関でのみ行われています。このタイプの医療保険特約はその高度先進医療による療養を受けられた時に保障されます。医療保険としては、入院して受けられた高度先進医療の技術料や、特定承認保険医療機関までの入退院時の往復交通費が対象となります。なお、この高度先進医療が受けられる病院は、...

介護保険は、寝たきりや痴呆によって介護が必要になり、その状態が一定の期間継続したときに、一時金や年金が受け取れます。「寝たきり」と「痴呆」の両方を支払対象とするものと、「痴呆」のみを支払対象とするものとがあります。公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。医療保障に特約として設定するする保障です。180日以上継続した時などに介護の給付金がもらえるようです。保険会...