医療保険 三大疾病特約 ガン 急性心筋梗塞 脳卒中

MENU

保険期間には定期型と終身型がある

生存中に死亡保険金と同額が受け取れる

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大成人病になったとき、
被保険者が生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れるのが
医療保険の三大疾病特約です。

 

特定疾病保険金を受け取った時点で、医療保険の三大疾病特約は消滅します。
この医療保険の三大疾病特約は死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。
保険期間が一定期間の定期型と一生涯の終身型があります。

 

三大成人病による医療保険の支払条件、三大成人病の認定条件等については、
保険会社によって異なる場合がありますので、契約書(ご契約のしおり、定款、約款)などでよく確認する必要があります。

 

たとえば、ガンの場合は「早期発見で見つかるものに対しては医療保険の保障が出ない」、「心筋梗塞・脳卒中の場合はよほど末期状態かリハビリが長引く以外のケースでなければ、医療保険の保障が出ない」という場合がよくあります。

 

医療保険の三大疾病特約は、生前に、その保障を受け取る必要があるのか、よく検討しましょう。

 


スポンサーリンク

関連ページ

医療保険入院特約
医療保険入院特約は病気になったときだけでなく、ケガをして入院した場合も保障される特約です。傷害入院特約、疾病入院特約、疾病傷害入院特約があります。
医療保険入院特約
医療保険成人病特約は、ガン・脳血管疾患・心疾患・高血圧性疾患・糖尿病などの5大成人病で入院した際に、給付金が受け取れるタイプで、いまや高齢だけでなく心配なのが成人病です。
女性疾病入院特約
女性が病気になったら生活面では大変困ります。女性入院特約でしっかり保障をする必要があります。たとえば、子宮がんや乳がんなどの女性特有の病気に対応する特約です。
高度先進医療特約
医療保険の高度先進医療は、最新の医学水準の診療や治療で、厚生労働大臣が認可した医療技術を言います。その医療は承認された特定の医療機関でのみ行われています。
介護保険
自分が介護状態になった場合だけでなく、介護する親のために加入するのが介護保険です。公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。