MENU

医療保険の支払額プラス割増

医療保険の支払額プラス割増

医療保険成人病特約とは、ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、
糖尿病などの5大成人病で入院した際に、給付金が受け取れるタイプの保険です。

 

成人病という特質から、大学生が社会人になる際などに、
医療保険成人病特約を利用されるケースが多いようです。

 

通常は医療保険主契約でも成人病に対して補償されます。
日額1万円の医療保険に日額1万円の成人病特約をつけている場合、
「5大成人病」で入院すれば日額2万円支払われます。

 

つまり、5大成人病で入院した場合は、医療保険の支払額プラス成人病特約の割増保険料が入るというイメージになります。

 


スポンサーリンク

関連ページ

医療保険入院特約
医療保険入院特約は病気になったときだけでなく、ケガをして入院した場合も保障される特約です。傷害入院特約、疾病入院特約、疾病傷害入院特約があります。
医療保険三大疾病特約
医療保険の三大疾病特約とは最も多い病気を保障してくれる特約で、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中をサポートしています。生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。
女性疾病入院特約
女性が病気になったら生活面では大変困ります。女性入院特約でしっかり保障をする必要があります。たとえば、子宮がんや乳がんなどの女性特有の病気に対応する特約です。
高度先進医療特約
医療保険の高度先進医療は、最新の医学水準の診療や治療で、厚生労働大臣が認可した医療技術を言います。その医療は承認された特定の医療機関でのみ行われています。
介護保険
自分が介護状態になった場合だけでなく、介護する親のために加入するのが介護保険です。公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。