介護保険は健康保険料と共に強制加入

MENU

介護保険は健康保険と一緒に納付

介護保険は健康保険と一緒に納付

2000年4月からスタートしたのが公的介護保険です。

 

公的介護保険は40歳以上の人が被保険者となる社会保障制度で、健康保険料とともに給料から介護保険料が差し引かれています。

 

介護保険は40歳以上の人が加入します。原則65歳から介護サービスを受けることができ、40歳〜64歳までは「加齢にともなう病気で介護状態になった場合」にのみ介護サービスが受けられます。

 

交通事故やスポーツ中のケガが原因で介護状態になった場合には、65歳になるまでは介護保険の対象外になります。

 

介護保険は、施行後5年をめどに必要な見直しをすることが法の附則に盛り込まれています。

 

介護保険を受ける利用者が、スタート時の2倍に増えたことや、在宅での介護と施設での介護では、負担額に不公平があるなどの問題があります。


スポンサーリンク

介護保険 記事一覧

介護保険の介護サービスを受ける際には市区町村へ申請をし、介護の認定を申請します。介護サービスには、「自立・要支援・要介護1〜5」の7段階に分けられており、その度合いに応じて介護保険の介護サービスを受けられる上限が決められます。介護保険サービスの種類としては、「在宅介護サービス」と「施設サービス」があります。介護保険在宅介護サービスは、自宅へヘルパーさんが来てくれて家事をしてくれたり、近所のリハビリ...

生保や損保の介護保険があります。要介護状態になったときに、一時金か年金、もしくは、その両方が支払われます。生保の場合は、「単独の介護保険」「付保としての介護特約」「終身保険や個人年金保険からの介護保険への移行」の3つのタイプがあります。損保には「介護保険」「介護費用保険」「介護補償保険」などがあります。一時金や年金だけでなく、介護費用の実費を受け取れるものもあります。要介護状態か調べるの必須介護保...

親の年齢が高齢の場合、介護の心配が出てきます。独身の人は、親の介護のために、会社をやめて実家に戻らざるおえない場合があります。民間の介護保険にもいろいろな種類がありますので、次のような点に注意して選んでください。介護状態多くの場合、生命保険会社の設定した介護基準に該当した場合に介護保険の給付金が受け取れます。寝たきりのように重度の介護状態にならないと介護保険給付金を受け取れない場合もあります。介護...