介護補償保険は民間で加入する保険

MENU

介護保険制度だけでは心配?!

介護保険制度だけでは心配?!

生保や損保の介護保険があります。要介護状態になったときに、一時金か年金、もしくは、その両方が支払われます。

 

生保の場合は、「単独の介護保険」「付保としての介護特約」「終身保険や個人年金保険からの介護保険への移行」の3つのタイプがあります。

 

損保には「介護保険」「介護費用保険」「介護補償保険」などがあります。
一時金や年金だけでなく、介護費用の実費を受け取れるものもあります。

 

要介護状態か調べるの必須

 

介護保険を選ぶときは、どのような状態になった場合を「要介護状態」と呼ぶのか調べるのは必須です。

 

「痴呆状態でも身体が丈夫だから要介護状態とはいえない」、「寝たきりでも痴呆とはいえないので要介護状態とはいえない」など、会社や商品によってさまざま違います。

 

保険を受け取る条件となる、要介護状態の継続期間も調べておかなければなりません。

 

もし、介護状態のために、住宅改修が必要になった場合、
銀行などのローンを利用する方法もあります。

 

介護ローンは、一括で融資を受けられる場合と、分割の場合があります。
介護用品の購入など小額は無担保、保証人なし、というものもあります。
この場合でも銀行と提携する保証会社の保証を受けることとなります。


スポンサーリンク

関連ページ

介護サービス
介護サービスには、「自立・要支援・要介護1〜5」の7段階に分けられており、その度合いに応じて介護保険の介護サービスを受けられる上限が決められます。
親の介護の保険
親の年齢が高齢の場合、介護の心配が出てきます。独身の人は、親の介護のために、会社をやめて実家に戻らざるおえない場合があります。そのような場合に備えた民間保険もあります。