介護保険は健康保険料と共に強制加入

MENU

介護保険サービスの種類

介護保険サービスの種類

介護保険の介護サービスを受ける際には市区町村へ申請をし、介護の認定を申請します。

 

介護サービスには、「自立・要支援・要介護1〜5」の7段階に分けられており、その度合いに応じて介護保険の介護サービスを受けられる上限が決められます。

 

介護保険サービスの種類としては、「在宅介護サービス」と「施設サービス」があります。

 

介護保険在宅介護サービスは、自宅へヘルパーさんが来てくれて家事をしてくれたり、近所のリハビリセンターへ通ったりする際に迎えに来てくれたりするサービスです。

 

また、施設サービスとして特別養護老人ホームなどに入所している場合、「費用サービス」があり、特別養護老人ホームなどの住宅の改修費などを補助してくれるサービスも介護保険です。利用者は利用したサービスの1割を自己負担します。


スポンサーリンク

関連ページ

介護補償保険
生保や損保でも介護保険があります。公的介護保険だけでは不安な場合、民間で加入する保険です。
親の介護の保険
親の年齢が高齢の場合、介護の心配が出てきます。独身の人は、親の介護のために、会社をやめて実家に戻らざるおえない場合があります。そのような場合に備えた民間保険もあります。