住宅火災保険と住宅総合保険の違い

MENU

火災保険には大きく分けて2つのタイプ

火災保険には大きく分けて2つのタイプ

火災によって生じる損害の保険、つまり「火事になったときのための保険」です。

 

火災保険は「火災に限定した保険」と言うよりは「家にかける保険全般」としての役割を持っています。家にかける生命保険のようなものです。

 

火災保険は大きく分けて2種類あり、火災や風災による損害を補償する「住宅火災保険」、住宅火災保険の補償に加えて、物体の落下や衝突、台風や豪雨による水災、盗難などによって発生した損害を補償する「住宅総合保険」があります。

 

不要な補償を外すことができるといった、ニーズに火災保険が登場して、火災保険の新しい形として注目を集め、主流になりつつあります。

 

現在の火災保険は各社が独自の商品を販売し、各々の必要に応じた保険を組み立てる、というのが多くなってきています。

 

台風被害の補償 ・地震被害の補償 ・水害の補償 など、必要に応じて保険内容を選択するのが最近の火災保険です。

 

火災保険と一口に言っても、その契約によってカバーしている範囲・内容は大きく違います。
火災保険は「地震を原因とする火災による損害」や「地震により延焼・拡大した損害」については補償されません。

 

地震被害の補償のためには地震保険を付帯させておく必要があります。


スポンサーリンク

関連ページ

地震保険
火災保険だけでは保障されない地震、地震による火災もありゆること、地震保険の保障もつけたいものです。