国民保険料の滞納しそうな時は窓口に相談

MENU

国民保険納付が困難なときは早めに窓口に相談を

国民保険納付が困難なときは早めに窓口に相談を

特別な事情がないのに国民保険の保険料を滞納すると、以下のような措置がとられます。

 

1. 国保から督促状などが送られてきます。

 

2. 保険証の有効期間が短くなります。

 

国民保険の窓口で保険証を返還し、有効期間の短い 「短期被保険者証」が交付されます。

 

1年以上滞納すると・・・

 

3. 医療費の負担がいったん全額自己負担になります。
国民保険の窓口で保険証を返還し、「被保険者資格証明書」が交付され、それを病院に提出することになります。

 

※この場合、支払った医療費は後日申請することで、本来の自己負担分を除いて国民保険から払い戻しが受けられます。

 

1年6ヶ月滞納すると・・・

 

4. 保険給付が一時差し止められます。
国民保険の保険給付が一時差し止められます。

 

それ以上滞納すると・・・

 

5. 差し止められた給付額から国民保険滞納分が差し引かれます。

 

国民保険の保険料滞納せずに、国民保険の納付が困難なときは早めに窓口に相談に行ったほうがよいでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

退職者医療制度
国民保険には退職者医療制度があり、企業に勤めて退職になった後、老人医療制度が始まるまでの間、退職者医療制度があります。
海外療養費支給制度
国民保険の海外療養費支給制度とは、海外で病気になった場合に医療費が支給される制度です。
高額医療費
1ヵ月の医療費の患者負担が高額になったとき、国保の窓口に申請して認められれば、限度額を超えた分が国民保険高額療養費として、後から払い戻されます。
老人保健制度
国民保険老人保障制度では、通院・入院ともに1割負担ですが、一定以上所得者は2割負担になります。