年金や保険が支給されない

MENU

年金や保険が支給されない!

車椅子生活のため5年前から障害者年金を受給しました。継続のため、現状届けを出したところ、障害1級から2級に変更されました。添付した診断書も前回より改善した項目はゼロです。納得いきまでん。

これは、まず都道府県の社会保険事務局に所属する「社会保険審査官(審査官)」の審理を受けます。それでも不服が解消できなければ厚生労働省内の「社会保険審査会(審査会)」の審査を受けます。

 

審査官への申立が「審査請求」で、審査会への申立が再審査請求になります。
いずれも手続きは無料です。約3割の審査が申立人の審査が通っているといわれています。

 

手続きは法律的に価値のある証拠を準備したりする必要があります。
代理人に委任することも可能で、社会保険労務士や弁護士などのプロの手を借りることも検討したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

こんなときはQ&A 記事一覧

「年金加入記録のお知らせ」をみて驚きました。ずっと同じ会社に勤め続けているに、過去に2年間厚生年金に加入していない時期があるのです。その時期はちょうど地方に転勤に行っていた時期です。どうすればよいのでしょうか?これは、その会社の人事部門に問い合わせてください。もし「ちゃんと手続きしている」というのであれば、同封の照会票に、その旨を記載して送りかえしましょう。実際より加入期間が短いと年金額が減りかね...

夫は自営業です。近所の家では、だんなさんが会社勤めで、私より多い額をもらっているようです。夫の職業で遺族年金の支給額が違うのでしょうか?夫が自営業などで国民年金に加入していたなら、その遺族には遺族基礎年金が支給されます。民間企業に勤めて厚生年金に加入していたなら、遺族厚生年金と遺族基礎年金の両方を受け取ることが出来ます。役所勤めなどで、共済年金だった場合は、遺族共済年金と遺族基礎年金という組み合わ...