変額年金保険 投資性 高い保険

MENU

変額年金個人保険の特徴

変額年金個人保険は投資商品

変額個人年金保険の運用期間終了後は、終身年金など一生涯にわたって年金を受取ることが可能です。また死亡保障もあるのが特徴です。

 

変額個人年金保険の保障額は運用実績に応じて変動しますが、
払込保険料相当額の最低保証があります。

 

また変額個人年金保険には税制優遇があります。
払込保険料、生命保険料控除の対象、解約返戻金、実現収益は一時所得として総合課税されます。

 

変額個人年金保険の運用収益は自動的に再投資され、解約時・年金受取時まで課税繰り延べされるのです。
変額個人年金保険の死亡保険金は相続税扱いとなり、非課税枠が利用可能になります。

 

変額年金保険とは投資性の高い保険です

 

変額個人年金保険は払込んだ保険料の運用実績に応じて、解約返戻金や将来受取る年金などが変動する保険商品です。

 

変額個人年金保険の運用期間中には、運用実績に応じた死亡保障があり、運用がマイナスでも、払込保険料程度の死亡保証があります。

 

払込保険料は、変額個人年金保険の資産を運用管理するための専用勘定である生命保険会社の特別勘定資産で運用されます。

 

あくまでも投資商品だということを忘れずに!

 

変額年金保険は、運用実績によって保障額が増減します。
運用成績がいい場合だけを考えずに、悪い場合、いくらの保障額になるのか確認して検討しましょう。

 


スポンサーリンク