定期保険特約付終身保険 かけ捨て

MENU

生命保険・定期保険特約のほとんどの部分はかけ捨て

定期保険特約のほとんどの部分はかけ捨て

この保険はその名のとおり、「定期保険」と「終身保険」がくっついたような保険です。

 

しかし、生命保険の定期保険特約のほとんどの部分はかけ捨てです

 

よく「死んだら6000万円もらえる保険に入っている」と言う人がいます。

 

しかし、その保険が定期保険特約付終身保険だった場合、
6000万円の死亡保険金のうち5600万円ぐらいが、かけ捨ての定期保険特約というケースが少なくありません。

 

そして、残りの400万円が主契約部分である終身保険という事になります。

 

終身保険の保障額はほんのわずか

 

終身保険の保障額はほんのわずかなのです

 

定期保険特約付終身保険で、終身にわたり保障されるのは数百万円程度です。
「65歳で死んだら400万円しか死亡保険金がでなかった」というのは主契約(終身保険)部分の死亡保険金が400万円しかないからです。

 

一般的に定期保険特約は60歳前後で終了します。定期保険特約は、ある定まった期間のみの保障なのです。定期保険特約の更新時に掛金が上がる可能性が大きいのです

 

契約によって定期保険特約部分の保険期間は10年・15年などですが、更新時に同額の保障を得ようとすると、掛金は倍ぐらいに跳ね上がります。

 

最初に契約したときの掛金で、ずっと同じ死亡保険金の保障が得られるのではありません。

 


スポンサーリンク

生命保険の種類 記事一覧

定期保険の保障期間は定まった期間のみです。一生、定期保険の保障が続くというわけではありません。生命保険の定期保険は安い掛金で高額保障が受けられますかけ捨て型保険である定期保険は、高額保障を安い掛金で買えることが特徴です。定期保険の更新時には掛金が上がります契約した定期保険の保険期間内(たとえば10年満期なら10年間は掛金は一定ですが、定期保険の更新時には年齢が高くなっている分、掛金も高くなります。

終身保険は、掛金払込済み後でも一生涯死亡保険金がおります。(その分掛金は高くなります)一生涯終身保険に高額保障は必要?終身保険は解約しなければ、死亡時にはいつでも死亡保険金がおります。しかし、子供も独立してしまえば、生活費もそれほどかからないのではないでしょうか。また、ご主人が死亡した場合の終身保険には、妻に対する遺族厚生年金や老齢基礎年金の支給が考えられます。家計を切り詰めながら終身保険の高い掛...

生命保険の養老特約は満期になると死亡保障と同額の満期金がおりますたとえば10年満期/500万円の生命保険の養老特約に加入すれば、死亡や高度障害にならなかった場合でも必ず500万円は満期保険金として受け取ることができます。生命保険養老保険特約の保障期間は限定されています定期保険と同様定まった期間(満期)を迎えたら、生命保険の養老保険特約も保障は終わってしまいます。ただ、定期保険は掛け捨ての保険ですが...