社会保険 日本 保障制度 中心的存在

MENU

日本の社会保障制度の中核的存在

日本の社会保障制度の中核的存在

すべてのサラリーマンが支払わなければならない社会保険料は、厚生年金・健康保険・雇用保険の3つです。

 

日本の社会保障制度の中核的存在となっているのが社会保険ですが、医療費の自己負担割合が二割から三割へと引き上げられるようになりました。

 

社会保険は、一定の事故に対する保険給付で、保険給付に必要な資金をあらかじめ加入者の保険金によって準備します。

 

保険事故が発生した場合に、保険給付を行うことにより、制度加入者やその家族の生活を保障していこうというもので、公的な仕組みによって給付やサービスを保障することが目的の制度です。


スポンサーリンク

社会保険 記事一覧

健康保険と厚生年金の制度が賞与を含む年収ベースの「総報酬制」に変更になりました。2003年 3月まで・・・月収x17.35%+賞与x1%2003年 4月から・・・年収x13.58%厚生年金は平均的なサラリーマンの負担が変わらないように、賞与は年間3.6ケ月分という設定がされました。よって、賞与が3.6ケ月分よりも少なければ厚生年金の負担額は減り、多ければ負担額が増えます。年収に占める賞与の割合が高...

健康保険と厚生年金の制度が、これまでの月給ベースの算定方式から、賞与を含む年収ベースの「総報酬制」に2003年に変更されました。健康保険は加入している健康保険(船員保険など)によって保険料率が異なるので、個別確認が必要です。一例として、政府管掌健康保険の場合の料率を記します。2003年3月まで・・・月収x8.5%+賞与の1%2003年4月から・・・年収x8.2%賞与の割合が高いほど負担が増えるのは...

雇用保険は、労働者の雇用に際しての助成金に充てられたり、失業者への失業給付金や教育訓練給付等に充てられます。昔は「失業保険」と呼ばれていました。近年、景気の動向や社会情勢の変化により、転職する人や失業する人が多くなっています。雇用保険に入っていることは必須にな時代です。失業期間を新たな技能や資格をとる機会と考え、再就職に備える。雇用保険にはそのような意味もあります。雇用保険による失業給付の支給額雇...