養老保険 貯蓄性 高い 保険

MENU

養老保険は満期金を受け取ることができる保険

養老保険は満期金を受け取ることができる保険

養老保険は、保険というよりも貯蓄商品に近いもので、満期を迎えたときに死亡保険金と同額で満期金を受け取ることができる保険のことです。

 

養老保険には解約返戻金もあります。

 

満期になると満期金が支払われる

養老保険は払込の期間が終了して、満期になると満期金が支払われます。
満期になる前に、被保険者が亡くなった場合には、 満期金と同額の保険金が支払われます。

 

そのため、保険金が必ずもらえるという点では、養老保険はお得というイメージがあります。

 

しかし、養老保険は保険金が必ず受け取れるという反面、保険料も格段に割高となります。
同じ死亡保障でも、定期保険と養老保険の保険料は5倍〜6倍くらい違っています。

 

満期金を目的にするのであれば、養老保険の意義は十分にありますが、
同じ貯蓄性を求めるのであれば養老保険よりも年金受取型(特殊養老保険)にしておくほうが資産運用という点においてはよいでしょう。

 


スポンサーリンク

養老保険 記事一覧

定期付養老保険とは、養老保険と定期保険がミックスしたような保険です。定期保険特約の保険期間のタイプには、「全期型」・「更新型」・「限定期間型」の3つがあります。定期付養老保険全期型全期間を定期保険特約を付加することができるタイプです。定期保険特約と養老保険部分の保険期間は同一になります。保険料も全期間にわたり一定です。定期付養老保険更新型保険期間が10年や15年など、養老保険の保険期間よりも、短く...

一時払い養老保険は保険料を契約時に全額一括して支払う養老保険です。主に次のような特徴があります。養老保険一時払いのため、他の保険と比べ保険料が割安です。養老保険の死亡保険金と同額の満期保険金が確保できます。養老保険は貯蓄性が高い保険です。養老保険の保険期間は5年、10年、30年と保険会社によって異なります。養老保険一括払いの場合には、月払いと比べて保険会社が保険料を割り引いてくれる率が高くなります...