一時払い養老保険 保険料 一括 支払う タイプ

MENU

一時払い養老保険は保険料を割り引き率が高い

一時払い養老保険は保険料を割り引き率が高い

一時払い養老保険は保険料を契約時に全額一括して支払う養老保険です。

 

主に次のような特徴があります。

  • 養老保険一時払いのため、他の保険と比べ保険料が割安です。
  • 養老保険の死亡保険金と同額の満期保険金が確保できます。
  • 養老保険は貯蓄性が高い保険です。
  • 養老保険の保険期間は5年、10年、30年と保険会社によって異なります。

 

養老保険一括払いの場合には、月払いと比べて保険会社が保険料を割り引いてくれる率が高くなります。

 

満期の利益部分は一時所得の扱い

 

養老保険は貯蓄性の金融商品と比べると、他の金融商品は利息に対して20%の税金が源泉分離課税で差し引かれます。

 

一方、一時払養老保険は保険期間が5年超の養老保険の満期保険金については、利益部分は一時所得の扱いとなります。

 

一時払養老保険は、その金額が50万円以内なら非課税、50万円を超えても、その超えた分の半額が他の所得と合算されて総合課税の対象になります。

 

一般的には、一時払養老保険は課税上有利といえましょう。

 


スポンサーリンク

関連ページ

定期付養老保険
定期付養老保険とは養老保険と定期保険がミックスしたような保険です。